抜け毛の育毛を行うためのシャンプーの知識

育毛を行う前に、正しい知識について知っておく必要があります。
よかれと思ってやっていることが、実はまったくの逆効果になっている可能性があるからです。
例えば、シャンプーをするときに頭皮を爪で引っ掻く行為があげられます。
爪でゴシゴシすると、汚れを掻き出せているような感覚になるのですが、実際には頭皮にキズをつけているだけなのです。
頭皮の汚れは指先で洗うだけでも十分に落とせるものなのです。
シャンプーはなるべく泡立てるようにしてください。
泡がきめ細かいほど洗浄力が高くなるのは間違いなく、これは小さな毛穴に細かい泡が侵入して汚れをかき出してくれるからです。
シャンプーには二度洗いという方法があり、こちらは頭皮の汚れを完全に落としたい方に適しております。
一度の洗髪だけでは、皮脂が頭皮の上に残りやすいのですが、二度洗いすることでしっかりと落とせるわけです。
注意したいのはシャンプーしたあとに、しっかりと油分の補給をすることです。
皮脂が抜け毛を促すのは間違いありませんが、必要な皮脂は残しておくのが基本です。
ここでの皮脂とは、コンディショナーやトリートメントなどで補った皮脂のことです。
薄毛の原因となる古い皮脂を残しておくのではありません。
皮脂は紫外線のダメージを吸収してくれますが、古くなると固形化する性質があり、毛穴の内部に詰まってしまうのです。
このような皮脂はシャンプーで落とすことは困難になり、専用のヘッドオイルの使用が必須となります。