育毛したい、という気持ち。

人間は「異性」を気にするからこそ、「外見」や身だしなみに拘るのだという話を聞いた事があります。
確かに、そうなのかもしれませんよね。
私は男性ですが、もしこの世の中が男性だけだったら、身だしなみには気を使わないかもしれない。
髭も伸ばしっぱなしで、髪の毛の乱れも気にしない。
極端な話、服だって何日も同じものを着ているかもしれません。
女性の目を気にするからこそ、それらを整え、恥ずかしくないような格好をする。
自分で出来ること、出来ない事が世の中にはありますが、なかでも育毛は自分の力ではどうしようもないもの。
ここ最近、起きた後に枕についていたり、シャワー時に排水溝に溜まっている髪の毛の量を見るたびに、抜け毛
が気になっているんです。
null女房からも、「最近髪の毛の量、減ってない?」と聞かれ、
人様もそう感じるのかな・・なんて少し憂鬱な気持ちになってしまいました。
私の場合、仕事等でストレスを感じる事が多いのでそれが抜け毛に繋がっているのだろうと考えています。
内心、どこかで薄毛を指摘され傷ついている自分がいるのかもしれません。
やはり、フサフサの髪の毛には憧れますもんねぇ。
どうにか髪の毛が生えてこないか、陰ながら努力を重ねてみたんです。
育毛剤を使ってみたり、育毛シャンプーを試してみたり。
髪に良いと言われるものがあれば試してみたり。
でも、なかなか効果が現れなかったんです。
諦めるしかないのか、と思っていたのですが、ここ最近薄毛の関する治療を病院でも出来ることを知り、今度受診してみようと思っています。
髪の毛の悩みって、デリケートな部分がありますので出来るだけ改善したいという思いを、私達患者の側は持っていると思います。
だからこそ、悩んでいる人がいらっしゃるなら一刻も早く医師に相談して欲しい。
そう願わずにはいられません。
抜け毛を予防をしたい、頭皮のケアをしたい、人それぞれ悩みがあるかもしれませんが、 悲しみが喜びへと変わるかもしれないからです。